書籍『音楽と私』2巻


音楽ノンフィクション エッセイ 『音楽と私 2巻』

【目次】
・かっこいいと思えばそれでいい
・表現にポジティブもネガティブもない。ただ作りたいものを表現するだけ
・聴きたい音楽があれば音楽を作る必要はないし、作ろうとも思わなかっただろう
・スランプは新しいものを生み出す前の予兆
・幅広い音楽を聴くことで音楽の幅を広げること
・音楽レベルに悲観することはない。自分にしかできない音楽をしているなら
・プレイヤーは作った音楽に花を添えるものであって、すべてではない
・今の私の作曲とは
・楽器が全くできなくても作曲はできる
・自分には嘘はつけない。充実した人生を送ることをためらってはいけない
・自分の価値観を知っているからこそ、バンド活動を通じて学びがある
・量を作ることが出来なければ、質のいいものなんて生み出せない
・自分の作品に愛着を持てなくなったら、作りたいものを作っていないということ
・時間との戦いは仕事だけではない。趣味の時間も時間との戦いなのである
・ストレスは趣味によって軽減される。趣味はあなたの支えになる

2017年03月15日